グルメ・クッキング

理想を求めて今日もモップがけ~プロフェッショナルより~

今回のプロフェッショナル仕事の流儀
ゲストはソムリエ 佐藤陽一さん

日本大会で1位を獲り
世界にも名を轟かせるソムリエである

***

佐藤さんは有名レストランで働くわけでなく
こじんまりとした小さな店を自分で経営している

サービスの本質とは何かと言うことを
突き詰めていったときに
彼の結論は独立であった

1人1人のお客に向き合うことが
彼のモットーであるが
決して愛想が良いわけではない

ワインの説明をするときも
スタジオで茂木健一郎さん、住吉美紀さんと話をしているときも
決して表情は崩さない

これは彼の考えているソムリエの役割というのが
「ワインを語ることではなく、ワインで人を幸せにすること」



ここから佐藤さんの本質が見えてくる

愛想が良くて、話が面白い
そんなソムリエがいたらたちまち話題になるだろう

しかし彼はそうはしない
客には客同士の話で盛り上がってほしいから
ソムリエはでしゃばらない
場の雰囲気をただ支える

***

世界大会では惜しくも準決勝で敗れてしまったが
まだまだ目指す高みがあるのはすばらしいと思う

ワインの熟成のようにゆっくり進んでいくのが一番よい
早歩きでもなく、遅くもなく並歩き
彼の姿勢は地道に路を踏み固めることの大切さを教えてくれた


***

自分はついこの間二十歳になったばかりなので
正直ワインなんてものはわからない

ましてや今回登場した高級なワインなんか
どんなことがあっても飲めやしないだろう

自分が働くようになって
お金を稼ぐようになったら
ぜひ行ってみたいものだ


おいしいワインを飲むためにも
ワインのようにゆっくりとだが確実に
酸敗しないように前に進んでいこうと思う

認定試験合格を目指す田辺由美のワインノート―ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート認定試験合格のための問題と解説 (2007年版)

| | コメント (0) | トラックバック (2)