« 文庫本のかたちのフリーペーパー | トップページ | 理想を求めて今日もモップがけ~プロフェッショナルより~ »

経験を積んだ新人になれ~プロフェッショナルより~

今回のプロフェッショナル  仕事の流儀
ゲストは宮大工 菊池恭二さん

菊池さんは昭和の匠
西岡常一氏から技を受け継いだ日本屈指の宮大工であり
彼に作り出す屋根の反りは美しいと評判

***

彼の技は技術ではなく
感覚から生み出されている

理論、理屈が重要視される中
伝統として受け継がれている感覚で勝負をするのが匠である

しかし彼の人生決して平坦だったわけではない

西岡氏から独立して
順調に仕事をしている最中に事故は起こり
6700万円もの木材を火事で失った


一瞬にして彼は暗い穴のどん底につき落とされた
あまりにも突然の出来事で泣くこともできなかったらしい


しかしいつまでも引きずっていられない
自分のプライド、家族、他の職人たちのためにも
彼はすぐに作業を再開した

結果的に抱えていた4件の仕事を無事やり遂げた


***


不幸の穴は誰の人生にも口を開けて待っている
それは人によっては浅いかもしれないし、深いかもしれないが
這い上がってこなければ終わってしまう

プロフェッショナルの人々は
少なからずそういった経験をしているのだろう

他人では妥協し、ドロップアウトしたくなる場面でも
決して逃げない姿勢が人を高みへと
連れて行ってくれるのだろう


年を重ねるとリスクを避けたがるが
一歩上がった景色を見るために
何事にも恐れぬ姿勢が必要だ

菊池さんが最後に言った
「プロフェッショナルとは常に新人であること」が
全てを物語っている

宮大工棟梁・西岡常一 「口伝」の重み

|

« 文庫本のかたちのフリーペーパー | トップページ | 理想を求めて今日もモップがけ~プロフェッショナルより~ »

アート」カテゴリの記事

プロフェッショナル」カテゴリの記事

人物紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394854/6765410

この記事へのトラックバック一覧です: 経験を積んだ新人になれ~プロフェッショナルより~:

» 棟梁の器は、人生の深さ 宮大工・菊池恭二 [須磨寺ものがたり]
古の技を受け継ぐ男、宮大工・菊池恭二が、昨日NHKプロフェッショナル仕事の流儀に登場した。寺院の建築、修理を専門とし、今現在9つの仕事をかかえ多忙をきわめている。 [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 09時28分

« 文庫本のかたちのフリーペーパー | トップページ | 理想を求めて今日もモップがけ~プロフェッショナルより~ »