« リーダーからいかに学ぶか~プロフェッショナルより~ | トップページ | 文庫本のかたちのフリーペーパー »

デザインの行く先は~プロフェショナルより~

今回のプロフェッショナル 仕事の流儀
ゲストは工業・空間デザイナー 吉岡徳仁さん

彼の作品は世界から注目されており
従来のデザイナーは欧米で名を売っていくのが主流だが
彼の場合は日本発で世界に名を轟かせている

***

数ある作品の中で注目したいのが
紙で作ったイスである
わずか数cmの平面状の紙が
瞬く間にイスに変化するというもの

番組中にMCである茂木健一郎さんが
実際に座っていたが強度は驚くほど高い

なぜあそこまで強度が保たれるには理由があり
番組中にも説明があった通り
ハチの巣の構造を真似ているためである

ハチの巣の構造は正六角形の図形が
規則的に多数並んだものになっており
軽量であるのに耐久性が非常に高い

この構造はハニカム構造と言われ
スペースシャトルの外壁や
炭素の同素体であるカーボンナノチューブもこの構造になっている

***

番組中これに対しては
あまり彼からの言及はなかったが
このデザインこそが
彼の信念である
「未来をデザインする」
に合致するのではないかと自分は思う

今や環境問題が毎日のように叫ばれている中で
紙というリサイクル可能な素材で作られ
生命の持つすばらしさを利用したこのイスは
まさに未来に向けたメッセージである

デザイナーではない自分がこのようなことを言うのはあれだが
デザインをして終わりではなく
その後の処理を考えるところまで
思考が及ぶのが真のデザインのあり方だと思う

そういった意味で彼の作品は
自然とそこに行き着いてしまったのだろう
さすがプロフェッショナルである

彼のデザインは斬新さが注目されているが
こういった環境面からの注目と言うのも
マスメディアにお願いしたい

吉岡さんはまだ40歳と若い
これから先すばらしいデザインを
世に送り出してくれることを今から楽しみにしている

***

吉岡徳仁HP
http://www.tokujin.com/

ハニカムチューブの建築 Book ハニカムチューブの建築

著者:HTA研究会
販売元:新建築社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« リーダーからいかに学ぶか~プロフェッショナルより~ | トップページ | 文庫本のかたちのフリーペーパー »

アート」カテゴリの記事

プロフェッショナル」カテゴリの記事

人物紹介」カテゴリの記事

コメント

今週の流儀、見逃しました・・・!
残念です。再放送を狙います・・・あれ、いつやるのだろう。。

投稿: 真 心 | 2007年6月 7日 (木) 22時17分

>真 心さん
それは残念です…と言いたいところですが
まだチャンスはあります!!

再放送は
火曜の1:05~1:50と16:05~16:50の2回あるみたいです

再放送は番組の都合でいきなり変更になったりするので注意してください
自分も再放送を録画したら違う番組だったということがあったので。。。

あとBSでもやっているようです

投稿: きむにー | 2007年6月11日 (月) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394854/6679852

この記事へのトラックバック一覧です: デザインの行く先は~プロフェショナルより~:

» 未来を創造する生き方:デザイナー吉岡徳仁の生き様に思う [Progress]
デザイナーという夢を小学校の頃から追い求め、父のアドバイスからその思いが 確信となった、吉岡徳仁…。 高校卒業後デザインの専門学校に進学し、今では空間工業デザイナーとして名を 馳せています。 小学生から絵をかくのが大好きで、その特技を生かす道を見事掴んだ彼の生き方を 『プロフェッショナル仕事の流儀』を観ていて、ある卒業生のことを思い出しました。 彼女は高校生当時、将来はアニメの声優になりたいと言っていました。 けれど、その職業は将来の生活を考えると、生きていく手段としては現実的では ない、... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 00時04分

» プロフェッショナル・吉岡徳仁 [pinkopaque/weblog]
最近携帯をMEDIA SKINに変えましたが、そのデザイナーである吉岡徳仁です。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 08時52分

» 暗中模索 未来創造 ディザイナー吉岡徳仁 [須磨寺ものがたり]
ディザイナーになりたいと思ったのは、小学生の頃から。当時から絵をかくのが大好きな少年だった。将来を父に相談したら、ドアノブとか自動車とかをデザインする仕事もあるよといわれた。その時以来大きくなったらデザイナーになると決めていた一人の少年が、高校卒業後デザインの専門学校へ進んだ。その後、あるデザイナーと出会い、そこがデザイナーを目指す第一歩となった。... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 09時21分

» プロフェッショナル 仕事の流儀 吉岡徳仁 [torahouseノート]
吉岡徳仁 MEDIA SKINという携帯をデザインした人ということで、 他にどんなものをデザインしてるのだろうと興味がありました。 MEDIA SKINについては、ちょっと前の記事で、 「何かピンとこない」と書きました。 番組を観ていて、吉岡さんがデザインするもの。 やっぱり、..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 16時30分

» tokujin といえば [tokujin?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 13時14分

« リーダーからいかに学ぶか~プロフェッショナルより~ | トップページ | 文庫本のかたちのフリーペーパー »